教育事業

小説家夏来頼さんインタビュー(日本マンガ芸術学院「小説クリエイトコース」第5期卒業生)

榎本事務所が監修を務める 愛知県名古屋市の日本マンガ芸術学院「小説クリエイトコース」第5期卒業生の夏来頼さんが、2019年7月に『同期のサクラ ひよっこ隊員の訓練日誌』で光文社キャラクター文庫からデビューしました。作家を目指すきっかけや日...
ワンポイント

アクションシーンはスピード感が命

アクションシーン、あるいはバトルシーン。 書くのが好きだ!という人もいるでしょうし、 苦手だからなるべく避けたい、という人もいるでしょう。 仕方がないところではあるのですが、やっぱり好きな人も多いですし、 異世界ファンタジー...
ワンポイント

復讐譚

復讐。これほど盛り上がるパターンもそうはありません。 古来の神話伝説にもさまざまな形でこのパターンが登場します。 家族を殺されたり、大事なものを奪われた人物が、武勇や知略の限りを尽くして復讐する。 奪われたものが大きいほど、倒そう...
ワンポイント

作品は勢いで書き切るべし!

小説を書く、というのは時間のかかる作業です。 プロ作家、それも専業作家ならそんなに長い時間はかけられません。 たとえば数週間、あるいは一ヶ月程度で長編一冊分くらいの勢いで書いていかないと、 専業のプロとして食べていくのは難しいこと...
ワンポイント

名前には流行り廃りアリ

キャラクターの名前を決める時に関わってくる要素はいろいろあります。 いろいろあるからこそどの要素を優先するかで困る人も多いと思うのですが、 一つお勧めのやり方では、「時代性」を意識する、という手があります。 どういうことか。...
タイトルとURLをコピーしました