粟江都萌子のクリエイター志望者に送るやさしい文学案内

粟江都萌子のクリエイター志望者に送るやさしい文学案内

『たけくらべ』―恋と呼ぶべきものなのか

樋口一葉・作『たけくらべ』 〈あらすじ〉 明治時代、吉原の子供たちは、長吉を中心とした横町組と、正太郎を中心とした表町組に分かれ対立していた。 花魁を姉に持つ美登利は表町組、龍華寺の子である信如は横町組であった。二人は同じ学校に通っ...
粟江都萌子のクリエイター志望者に送るやさしい文学案内

樋口一葉―奇跡の女性

日本初の女性職業作家  樋口一葉は言わずと知れた五千円札の肖像の人物ですが、日本初の女性職業作家としても知られています。それは一葉が若くして一家の家計を支えねばならぬ立場になったことが大きく関係しています。一葉が作家を志した理由は、...
粟江都萌子のクリエイター志望者に送るやさしい文学案内

与謝野晶子―「女のくせに」を解き放った女流文学者

「みだれ髪」はなぜ乱れたのかというと……。  本日紹介するのは与謝野晶子。いわずと知れた女流文学者です。彼女の短歌や詩は中学や高校で、だれしもが一度は触れていることでしょう。「金色の ちひさき鳥のかたちして 銀杏ちるなり 夕日の丘に...
粟江都萌子のクリエイター志望者に送るやさしい文学案内

小泉八雲―ロマンス小説のモデルになってください!

小泉八雲 本名:ラフカディオ・ハーン  小泉八雲という明治の日本で活躍した作家の名前を、聞いたことがあるという方も多いでしょう。文豪を題材にした近年のエンタメ作品にも登場しますしね。しかし彼が実は外国人で、さらに日本語はほとんど話せ...
粟江都萌子のクリエイター志望者に送るやさしい文学案内

『舞姫』―文体って結構大事だと思うのです。

森鷗外・作『舞姫』 〈あらすじ〉 主人公の太田豊太郎は官命でドイツ留学をし、現地で美しい女性・エリスと出会う。彼女はダンサーとして生計を立てていたが、ダンサーの収入は少なく、亡くなった父を弔うのにお金がないと嘆いていた。それを豊太郎...
タイトルとURLをコピーしました