榎本海月の創作に役立つ学園ガイド

榎本海月の連載

第38回「学生にも傾向というものがあり」

学生と学校 今回からは、学校という集団を構成するさまざまな人々の紹介をしていく。まずは生徒だ。その学校にどんな生徒が通っているのかは、第一に「どんな学校なのか」が影響する。もう少しわかりやすく整理しよう。その学校が何を目的としている...
榎本海月の連載

第37回「特別な学校の話……職業や企業との結びつき」

人材供給のための学校 前回紹介したのは、主に特別な知識や技術を習得するための専門学校とその同種の存在であったが、実はもっと特殊な、特別な立ち位置の学校がまだまだある。たとえば、特定の職業や企業と深く結びつき、そこに人材を供給するため...
榎本海月の連載

第36回「特別な学校の話……専門学校を中心に」

全日制と夜間 前回までは小学校、中学校、高校、大学という一般的な学校を紹介してきた。しかし、現代日本における「学校」はもっと多種多様だ。何を学ぶのか、誰が学ぶのか、どう学ぶのかで実にさまざまな形式が存在するのである。たとえば、「全日...
榎本海月の連載

第35回「大学」

それまでとは違う場所 小学校、中学校、高校と紹介してきて最後はもちろん大学だ。ストレートに進学してきたら19歳から23歳までをここで過ごすことになる。ただ、それまでの学校と大学は少なからず性質が違う。同じく義務教育ではない高校と比べ...
榎本海月の連載

第34回「高校」

大人の世界への扉 16歳になると、多くの若者が高校に通うことになり、18歳までをここで過ごすことになる。義務教育ではないが、現代日本では高校、さらに大学まで通うのはそれなりに当たり前の習慣として定着しているようだ。もちろん、中卒で働...
タイトルとURLをコピーしました