ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

第17回「私たちの知らない暗闇の世界」

暗闇が当たり前 「いま」、私たちの住む現代社会の夜は明るい。街灯は一定の間隔で設置されて道を照らしているし、コンビニのような24時間営業の店もあちこちにある。そうでなくとも都市部ならネオンの看板が明々と輝いている。もちろんあちこちに...
ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

第16回「旅先にホテルがあるとは限らない」

泊まる場所には困らない「いま」 「いま」、私たちが旅をして「そろそろ夜だから寝床を確保しなきゃ」となったとき、「そこらで野宿しよう」と考える人はあまりいないはずだ。また、キャンプ場などでテントを立てて泊まることはあっても、「この辺で...
ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

第15回「手紙は本人鑑定が必須」

手紙の価値 「いま」、手紙は通信手段として決して重要なものではなくなっている。手で書く手間、物理的に運ばれる時間を考えれば、電話やメール、SNSを使った連絡の方が便利になるのは当然だ。しかしそのような手段がなかった「むかし」、遠隔地...
ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

第14回「紙がない時代の「書くもの」」

紙のない時代 「いま」私たちにとって、木の繊維を素材にして作る「紙」は社会に欠かせないものになっている。本や新聞の材料であることはもちろん、ティッシュペーパーやトイレットペーパーのような生活に必要な消耗品の材料としても重要なものだ。...
ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

第13回「文字が読めなくて当たり前」

文字が読めず書けない人々 「いま」を生きる私たちにとって、文字を読めるというのはごく当たり前のことだ。もちろんこれは個人の事情と地域の事情にもよって、「読めない」人は「いま」でもたくさんいる。それは幼少期の環境によるものであったり、...
タイトルとURLをコピーしました