ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

第33回「洗濯の「いま」「むかし」」

重労働だった洗濯 「いま」、洗濯は非常に手軽になった。全ては高性能な洗濯機のおかげだ。衣服と洗剤さえ入れれば、あとは全て全自動でやってくれる。それでも取り出して畳むところまでは普通やらないといけないが、遠くないうちにあらゆる作業をや...
ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

第32回「「いま」の火薬は安定性が大事」

火薬と安定性 火薬は「どれだけ大きな爆発をするか」も大事だが、それと同じくらいあるいはそれ以上に「必要なタイミング以外では爆発しない」ことが重要だ。ちょっとした刺激で勝手に爆発するようでは危なかしくて使えないからだ。だから「むかし」...
ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

第31回「「むかし」の爆発兵器と黒色火薬」

火薬の効果 火薬。すなわち火をつけることで爆発する物質は、私たちの社会に非常に重要な存在である。特に、戦争における武器・兵器にとって大きな意味を持つ。前回紹介した銃にとって特にそうだが、単に爆発物としても、大きな障害物を排除するなど...
ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

第30回「銃のあり方、二種類」

前装式 銃という武器は「いま」に属するものだと思うかもしれない。しかしその歴史はなかなか古く、近年では異世界ファンタジーで姿を見ることも珍しくなくなった。そしてなにより、その歴史の中で劇的な変化も見せており、「いま」と「むかし」で姿...
ファンタジーを書くために過去の暮らしを知ろう!

第29回「時代で変わる霊の姿」

生者の世界・死者の世界  霊、あるいは幽霊。死んで肉体を失ったにもかかわらずこの世界にとどまっている存在のことである。実はこれらの霊をどう捉えるか、というのにも「いま」「むかし」があるのをご存知だろうか。 そもそも古くは生者の生きる...
タイトルとURLをコピーしました