榎本海月の連載

榎本海月の連載

第30回「生徒会」

生徒会を構成する役員たち 今回はもう少し生徒会・委員会の実像に迫ってみよう。一般に学生による自治組織の頂点に生徒会が立ち、その下部組織として各委員会が付く、という構造をしていることが多い。だから生徒会は生徒会室に陣取って指示だけする...
榎本海月の物語に活かせるトラブル&対応事典

♠29回「ギャンブラーは儲からない」

物語の中ではカッコよくとも 賭博(ギャンブル)で稼ぐ賭博師(ギャンブラー)といえば、現実の有様はともかく物語的にはアウトローな香りが漂うカッコいいポジションだ。では、賭博で稼ぐというのは本当にできるのか? 日本では賭博は法律違反だが...
榎本海月の連載

第29回「生徒会・委員会の現実と架空」

学校自治と言うけれど 部活と並んで、授業の繰り返しが続く学校の日常にささやかな非日常を提供してくれるもの。それが生徒会・委員会活動だ。物語においても、なにがしかのイベントが始まるきっかけになったり、あるいは特別な委員会に所属すること...
榎本海月の物語に活かせるトラブル&対応事典

♠28回「とばっちりと緊急避難」

バトルの余波も大変だ バトル・アクション展開でもう一つありがちなのが、戦っている時の余波で周囲に被害を与え、ものや建物にダメージを与えてしまうケースだ。荒野の戦場で戦うのだったり、荒廃した都市でゾンビを退治するのであればともかく、現...
榎本海月の連載

第28回「物語の中の部活」

学生の物語に目的を与える あらためて、「物語の中の部活」はどんな存在か、を考えてみよう。学生たちの物語に目的(強くなる、成果を残す、など)を与えるという点で、部活ほどシンプルでわかりやすいものはない。ライトノベルではあまり見ないが、...
タイトルとURLをコピーしました