榎本海月の連載

榎本海月の連載

No.74 「サヴォナローラ」

破滅を訴え、自らも破滅し サヴォナローラはイタリア北部の都市、フェラーラに生まれた修道士である。彼は世紀末の時代に人々を扇動し、大事件を起こした人物として知られている。ドミニコ会で神学を学んだ後、フィレンツェに移ってサン・マルコ大聖...
榎本海月の連載

No.73 「ガリレオ・ガリレイ」

観念ではなく実用へ 「それでも地球は動いている」の言葉でよく知られたガリレオ・ガリレイはルネサンス期に活躍した学者であり、近代科学を切り開いたうちの一人とされる。フィレンツェの小貴族の血筋に生まれた彼はピサ生まれで、一時期フィレンツ...
榎本海月の連載

No.72 「パラケルスス」

錬金術師として、医者として ルネサンス期の人であるパラケルススは、しばしばフィクションの中では魔術師としても描かれる人物である。というのも、彼は錬金術の研究において名を残したからだ。しかし、第一には医学者として知られている。本名はフ...
榎本海月の連載

No.71 「ミケランジェロ」

巨大な天才 フルネームはミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニ。万能の人、万能の天才と呼ばれるレオナルドに対して、巨大な天才と称されるのがミケランジェロである。彫刻家、画家、建築家として活動した一方で、詩人とし...
榎本海月の連載

No.70 「レオナルド・ダ・ヴィンチ」

「万能の人」 あなたはレオナルド・ダ・ヴィンチを「なに」の人として知っているだろうか。最も声が上がるのは「モナリザの作者として」だろう。しかし、レオナルドはただの画家ではなかった。彼は彫刻家であり、科学者や技術者でもあり、哲学者でも...
タイトルとURLをコピーしました