enomotomethod

ジャンルとパターン

「歴史もの」のポイント

実際の歴史を題材にして書く小説は、大きく 1:歴史小説 2:時代小説 に分かれます。 歴史小説はまさにストレートに、実在の歴史的事件を題材として描いたものです。 「実は本当はこうだったんじゃないか?」 「史...
ストーリー

「ベタ」をドラマで学ぼう

創作を志す人は、どうも「ベタ」を軽視する傾向があるようです。 定番、王道、そういうものは見慣れていて面白くないということになってしまうのですね。 でもやっぱり、面白さの基本はベタにこそあるのです。 ベタな話をたくさん自分の中...
プロを目指す

作品の「使い回し」はおすすめしない

作品を一つ仕上げたら色々な新人賞に送りたい、という人は結構いるようです。 気持ちはわかります。苦労してせっかく書いた作品ですから、 そこから最大の効果を引き出したいのは人の情です。 でも、少なくとも榎本メソッドでは正直あんま...
物語を彩る

意表を突く笑い

笑わせるテクニックとしては、「意表をつく」というのが大事です。 Aと思ったらBだった、と言い換えてもいいでしょう。 相手に予測させ、それを外す。すると笑いが生まれるのです。 これは別に笑いだけではないのですが、人間は予想通り...
文章・描写

「てにおは」に気を配る

「てにをは」というのを聞いたことがあるはず。 日本語の分類では助詞や助動詞などに分けられます。 「で・が・に・を・は・の」など、言葉と言葉の間に挟まって、 意味を付け加えたり、それぞれの関係を表したりします。 ところが...
タイトルとURLをコピーしました