35時限目「成功失敗テンプレート」

榎本海月の連載
その35:成功失敗テンプレート

成功と失敗を繰り返す

物語のテンプレートやパターンにもいろいろあります。その中で、ハリウッド映画などによく使われる、「起承転結」にも似た娯楽活劇のパターンに「成功・失敗・成功・大失敗・大成功!」のテンプレートを紹介しているのが、今回の動画です。
これは主人公が成功と失敗、挑戦と挫折を繰り返していく物語で、良い時と悪い時の振れ幅が大きければ大きいほど物語は盛り上がります。非常に使い勝手がいいので、お話作りに悩んでいる人にはよくおすすめしています。「失敗を繰り返しながら登っていく話」のドキドキワクワク感がいいのですね。

使いこなすために

もちろん、使いこなすためのポイントがあります。
成功と失敗がそれぞれ無関係だとお話が盛り上がりにくいので、「最初の失敗の時にできなかったことができる=大成功の理由」とか「なまじ最初に成功したせいで隠れてしまった弱点が大失敗の原因になる」などを入れ込むといいでしょう。
また、動画ではサンプルストーリーも紹介しているので、参考にしてください。


【執筆者紹介】榎本海月(えのもと・くらげ)
オタク系ライター、ライトノベル編集者。榎本事務所に所属して幅広く企画、編集、執筆活動に従事。共著として『絶対誰も読まないと思う小説を書いている人はネットノベルの世界で勇者になれる。ネット小説創作入門』などがある。
2019年に新刊『この一冊がプロへの道を開く!エンタメ小説の書き方』『物語づくりのための黄金パターン117』『物語づくりのための黄金パターン117 キャラクター編』(ES BOOKS)、『異世界ファンタジーの創作事典』『中世世界創作事典』『神話と伝説の創作事典』『日本神話と和風の創作事典』『ストーリー創作のためのアイデア・コンセプトアイデアの考え方』(秀和システム)を刊行。
2020年の新刊には『古代中国と中華風の創作事典』(秀和システム)がある。
PN暁知明として時代小説『隠密代官』(だいわ文庫)執筆。愛知県名古屋市の【専門学校日本マンガ芸術学院小説クリエイトコース】講師として長年創作指導の現場に関わっている。

タイトルとURLをコピーしました