コンテストに応募したら「ぜひブラッシュアップして出版しましょう」と言われた

榎本秋のクリエイト忘備録

こういった誘いを受けたことはありますでしょうか?
その場合、話をよく聞いてください。
「最終選考までいったのですが、惜しくも落選で。私としてはぜひ出したいのです。つきましては費用負担が……」と言われたら断りましょう

基本的に、よほどの幸運と営業力がない限り、自分で費用を負担して出版しても売れることは難しいです。
受賞して出版社さんの費用負担で出すべきと考えます。
というのは、出版社も商売になると思うから費用を負担します。負担するからには売れないといけないですから、営業や宣伝もしてくれるでしょう。
自費だとそうはいきません。売れなくても出版社は痛くないのですから。
最近またこの手の相談が増えてきたので、改めて注意喚起します。

どうしても本を出したいなら、今はamazonの電子出版やPODで個人でも最低限の費用負担で立派な本が出せます。
そうした本はネットで購入できますしね。

ただ本を出したいのか。
プロとして小説家でお金を得たいのか。
どちらかをはっきりさせた上で創作をしていただきたいです。

榎本秋

榎本 秋(えのもと あき)
活字中毒の歴史好き。歴史小説とファンタジーとSFとライトノベルにどっぷりつかった青春時代を過ごし、書店員、出版社編集者を経て2007年に榎本事務所を設立。ライトノベル、時代小説、キャラ文芸のレーベル創刊に複数関わるとともに、エンタメジャンル全体や児童文学も含めて多数の新人賞の下読みや賞の運営に関わる。それらの経験をもとに、小説、ライトノベル、物語発想についてのノウハウ本を多数出版する。

タイトルとURLをコピーしました