アクセス数から小説家志望者さんが気になっていること

榎本秋のクリエイト忘備録

本サイトのアクセスを調べてみると、一番多くご覧いただいているのはやはり

新人賞の一次選考が通過できない

次に

小説を最後まで書ききれない

になります。
この2つが小説家志望者さんは気になるようですね。
検索エンジンからもこのワードがとても多いです。

小説は最後まで書かないと新人賞には出せませんし、新人賞の一次も果たしてどうやったら通るものか。わからないですよね。

小説を最後まで書くためには、繰り返しこのブログでも書いていますが

・当該の小説に必要なシーンをあらかじめ書き出す
・苦手なシーンは箇条書きで飛ばす

しかないと思います。

小説を最後まで書けない方は本当に多いです。
なので、自分だけできないと思わなくて大丈夫です。
逆に何度も書ききればそれだけ他の小説家志望者より先に行けると思ってください。

一次選考を通らない・一次選考を通っても受賞できない場合は、
お金はかかりますが、弊社がやっているような長編講評サービスを受けてみるのも手かもしれません。

榎本秋

榎本 秋(えのもと あき)
活字中毒の歴史好き。歴史小説とファンタジーとSFとライトノベルにどっぷりつかった青春時代を過ごし、書店員、出版社編集者を経て2007年に榎本事務所を設立。ライトノベル、時代小説、キャラ文芸のレーベル創刊に複数関わるとともに、エンタメジャンル全体や児童文学も含めて多数の新人賞の下読みや賞の運営に関わる。それらの経験をもとに、小説、ライトノベル、物語発想についてのノウハウ本を多数出版する。

タイトルとURLをコピーしました