物語が始まるまでに主人公は何をしていたか

榎本秋のクリエイト忘備録

キャラクターから物語を作る人におすすめのやり方があります。

・物語開始時点、主人公はどんな立場でなにをしていて
・その物語が始まるまでにどんな経験をして
・だからその物語で何と戦って何を成し遂げるのか

ということを決めていくやり方です。
こうすれば、ストーリーとキャラクターが乖離することがありません。
よく見かけるのが、ストーリーを進めるためにキャラクターの考えや信念に沿わない行動をさせてしまうことです。ご都合主義と言ってもいいでしょう。
しかし、このやり方は強力なキャラクターありきで物語を作っていくので、ご都合主義に陥らずに済みます。

注意することは

・あまりに完璧
・まったく感情移入できない

キャラクターにはしないこと。読者がとっつきにくくなってしまいます。
弱点や感情移入できるポイントを1つでいいから作っておきましょう。

このやり方を自分のものにできると、キャラクターを作るのが得意な人は物語をどんどん作っていけるでしょう。

榎本秋

榎本 秋(えのもと あき)
活字中毒の歴史好き。歴史小説とファンタジーとSFとライトノベルにどっぷりつかった青春時代を過ごし、書店員、出版社編集者を経て2007年に榎本事務所を設立。ライトノベル、時代小説、キャラ文芸のレーベル創刊に複数関わるとともに、エンタメジャンル全体や児童文学も含めて多数の新人賞の下読みや賞の運営に関わる。それらの経験をもとに、小説、ライトノベル、物語発想についてのノウハウ本を多数出版する。

タイトルとURLをコピーしました