プロットを作るのに詰まったら一人称で書いてみよう

榎本秋のクリエイト忘備録

ある程度長編も書けるようになってきたものの、あまり良いプロットができない。
そんな時の特効薬が、プロットをメイン人物の一人称で書いてみることです。

メイン人物の視点で

・目的
・抱えている問題

を提示し、
その物語の中でそれらの問題とどのように向き合い、そして

・悩み
葛藤

をどう解決していくのか
という部分をはっきりさせましょう。

プロットにおいて大事なのは芯の部分です。
読者は芯に共感し感動するのです。
芯は上記の問題や悩みをしっかり考えるとできます。

自分の作ったプロットに芯がない・なにか面白くないと思ったら、この方法を試して芯を確認し、もう一度三人称に戻して、他の要素を加えてプロットを仕上げてみてください。

榎本秋

榎本 秋(えのもと あき)
活字中毒の歴史好き。歴史小説とファンタジーとSFとライトノベルにどっぷりつかった青春時代を過ごし、書店員、出版社編集者を経て2007年に榎本事務所を設立。ライトノベル、時代小説、キャラ文芸のレーベル創刊に複数関わるとともに、エンタメジャンル全体や児童文学も含めて多数の新人賞の下読みや賞の運営に関わる。それらの経験をもとに、小説、ライトノベル、物語発想についてのノウハウ本を多数出版する。

タイトルとURLをコピーしました