キャラクターから物語を作る

榎本秋のクリエイト忘備録

創作方法にも色々あります。大事なのは

・キャラクター
・設定(世界)
・ストーリー

1対1対1の対等であることです。
そうでないとバランスが悪くなったり、物語の魅力が引き出されていない作品になります。

作家志望の方がよくやる失敗が以下の2点。

・世界とストーリーを作り込みすぎてキャラクターが誰でもいい作品
・せっかく異世界をつくったのにその世界を使い切れず、異世界である必要がない作品

この失敗を回避するための方法が、キャラクターを始めに作り込むことです。

世界とストーリーをある程度作った段階で
その世界で主人公はどんな夢・目標や不満・悩みがあり、作品が終わる段階で何をなし得るのかを考えるのです。

世界やストーリーありきではなく、キャラクターの生い立ちや性格を加味し
そのキャラクターなら最終目標に向かってどう考えて、どう行動するかを考えるのです。

また、世界に特別なルールや特徴があるならそれと主人公を絡ませてください。こうすることによって物語がその世界でこそ生きるように作れるのです。

榎本秋

榎本 秋(えのもと あき)
活字中毒の歴史好き。歴史小説とファンタジーとSFとライトノベルにどっぷりつかった青春時代を過ごし、書店員、出版社編集者を経て2007年に榎本事務所を設立。ライトノベル、時代小説、キャラ文芸のレーベル創刊に複数関わるとともに、エンタメジャンル全体や児童文学も含めて多数の新人賞の下読みや賞の運営に関わる。それらの経験をもとに、小説、ライトノベル、物語発想についてのノウハウ本を多数出版する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました