現代を知ろう

榎本秋のクリエイト忘備録

小説を書くときに「現代」を知っておくことはとても大事です。
現代を舞台にした作品を書く時に、その現代があまりに本当の現代と離れているとよろしくないからです。
昨今は技術進化がすさまじく早く、数年前では最先端だった技術がとっくに昔のものになっている、なんてことも珍しくありません。スマートフォンを見ているとわかりやすいでしょうか。
そのため、普段からyahooニュースなどのネットニュースををチェックする癖をつけると、今なにが起きているかわかって良いと思います。
そのうえで、おすすめの本があります。
会社四季報業界地図https://str.toyokeizai.net/-/gyoukai/shukatsu/)です。
ビジュアルを多用した非常にわかりやすくコンパクトにまとめられている本です。今の日本でどんな仕事があって、それぞれの会社や業界がどうなっているのかというのを簡単に把握することができます。
本来は就職活動用の本ですが、150以上の業界と多くの企業の状況がひと目でわかるので、今の日本の産業がどうなっていくのかがよくわかります。
企業小説を書かなくても、バックボーンとして日本が今どうなっていて、これからどう向かっていくかを知ることはとても大事です。中には知らなかった職業もあるかもしれません。

同じく就職対策系の本ですが、
日経キーワード2020-2021https://www.nikkeihr.co.jp/book/103.html)もおススメです。
こちらは今話題のキーワードをわかりやすく解説している本です。この本で興味も持ったことをさらに雑学本やビジュアル本で学んでみるのも良いと思います。

この2冊は私も毎年購入していますが、1年分の知識を一気にアップデートできるのでとても良いと思います。

榎本秋

榎本 秋(えのもと あき)
活字中毒の歴史好き。歴史小説とファンタジーとSFとライトノベルにどっぷりつかった青春時代を過ごし、書店員、出版社編集者を経て2007年に榎本事務所を設立。ライトノベル、時代小説、キャラ文芸のレーベル創刊に複数関わるとともに、エンタメジャンル全体や児童文学も含めて多数の新人賞の下読みや賞の運営に関わる。それらの経験をもとに、小説、ライトノベル、物語発想についてのノウハウ本を多数出版する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました