新人賞投稿小説で名前をつけるキャラクターは5人ぐらいが良い

榎本秋のクリエイト忘備録

長編の新人賞に応募する作品のプロットを作る際に、気をつけてほしいとことがあります。
それは、キャラクターを出しすぎないことです。
私は5人ぐらいを勧めています。

主人公
相手役
見守る人
ライバル

あたりです。一部の配役が別でもOK(見守る人→友人など)。
というのも、あまりにたくさんの人物は1冊で描けませんし、名前が増えると読者さんも混乱してしまいます。

全体を通して出番がないなら、普通に兵士さん・刑事さんなどでよいのです。
名前がついているとその後も活躍するのかと期待してしまうので。

まずは、5人のキャラクターをきちんと描くこと。
そして、それ以外のキャラクターは極力名前をつけないこと。
これをやってみるだけで物語は整理されて読みやすくなります。

榎本秋

榎本 秋(えのもと あき)
活字中毒の歴史好き。歴史小説とファンタジーとSFとライトノベルにどっぷりつかった青春時代を過ごし、書店員、出版社編集者を経て2007年に榎本事務所を設立。ライトノベル、時代小説、キャラ文芸のレーベル創刊に複数関わるとともに、エンタメジャンル全体や児童文学も含めて多数の新人賞の下読みや賞の運営に関わる。それらの経験をもとに、小説、ライトノベル、物語発想についてのノウハウ本を多数出版する。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました