三人称のすすめ

ワンポイント

小説をはじめて書き出そうとする人は、どうも一人称を好む人が多いようです。
もちろん、なんにも悪くありません。
書き手が主人公と同化して、「思っていること」「見えていること」を書くから楽、という人は多いはずです。

でも、できれば榎本メソッドでは「初心者は三人称がおすすめですよ」と紹介しています。
なぜか。
三人称は「小説文章の基本」というべきスタイルだからです。
一人称は比べるとちょっと「応用」な感じです。

三人称は「神の目」とも言うべきカメラがあって、その目で物語を追いかけます。
「神の目」は自由に動きますから、主人公が知らないことも描写できます。
主人公がいないシーンも問題なく書けます。

つまり、一人称と比べて、束縛が少ないんです。
今あなたの頭の中にある物語を、とりあえず淡々と三人称で書いてみる。
ここからはじめたほうが、変な癖がつかず創作力が向上していく傾向にあるようなんです。

というわけで、初心者には三人称がおすすめです。

【執筆者紹介】榎本海月(えのもと・くらげ)
オタク系ライター、ライトノベル編集者。榎本事務所に所属して幅広く企画、編集、執筆活動に従事。共著として『絶対誰も読まないと思う小説を書いている人はネットノベルの世界で勇者になれる。』などがある。2019年にも新刊『この一冊がプロへの道を開く!エンタメ小説の書き方』『物語づくりのための黄金パターン117』『物語づくりのための黄金パターン117 キャラクター編』(ES BOOKS)、『異世界ファンタジーの創作事典』『異中世世界創作事典』『神話と伝説の創作事典』(秀和システム)を刊行。PN暁知明として時代小説『隠密代官』(だいわ文庫)執筆。講師としては愛知県名古屋市の専門学校日本マンガ芸術学園にて講義を行い、さらにオープン参加形式で【土曜セミナー】毎月開催中。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました