テクニックも大事だけれど

ワンポイント

このサイトでは非常に多種多様なアドバイスをしてきました。
アドバイスの一つ一つには十分な自信を持っています。

しかし一番大事なのはあくまであなたが書きたいものを書くこと。
アドバイスに振り回されて自分が何を何のために書こうとしていたのか。
これはけっして忘れてはいけません。

テクニックはあくまでテクニック。
あなたが創作を続けるのに大きな助けとなりますが、
あなたの代わりに作品を作ってはくれません。
テクニックに振り回されるくらいなら、いっそ忘れてしまった方がいいくらいです。

本サイトについてもタイトルやカテゴリをつらつら見つめて、
使えそうだと思えるものを取り入れるので十分なのです。

もちろん、読んでもらえさえすれば役に立つテクニックばかりという自信はありますよ。

【執筆者紹介】榎本海月(えのもと・くらげ)
オタク系ライター、ライトノベル編集者。榎本事務所に所属して幅広く企画、編集、執筆活動に従事。共著として『絶対誰も読まないと思う小説を書いている人はネットノベルの世界で勇者になれる。』などがある。2019年にも新刊『この一冊がプロへの道を開く!エンタメ小説の書き方』『物語づくりのための黄金パターン117』『物語づくりのための黄金パターン117 キャラクター編』(ES BOOKS)、『異世界ファンタジーの創作事典』『異中世世界創作事典』『神話と伝説の創作事典』(秀和システム)を刊行。PN暁知明として時代小説『隠密代官』(だいわ文庫)執筆。講師としては愛知県名古屋市の専門学校日本マンガ芸術学園にて講義を行い、さらにオープン参加形式で【土曜セミナー】毎月開催中。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました