「ベタ」をドラマで学ぼう

ストーリー

創作を志す人は、どうも「ベタ」を軽視する傾向があるようです。
定番、王道、そういうものは見慣れていて面白くないということになってしまうのですね。

でもやっぱり、面白さの基本はベタにこそあるのです。
ベタな話をたくさん自分の中に取り入れてこそ、
そこにちょっとだけアレンジを加えて、作品の魅力を作り出すことができるのです。

では、具体的にはどんな「ベタ」がいいのでしょうか。
榎本メソッドではドラマをお勧めしています。
昔なら2時間ドラマのサスペンスが特に良かったのですが、最近は数が減りました。
水戸黄門のような連続時代劇もお勧め出来ましたが、右に同じ。
そこでお仕事ものの連続ドラマやハリウッドのアクション映画を紹介しています。

これらの作品は多く、非常に下手なフォーマットを備えています。
定番の導入があり、個性的なキャラクターとの掛け合いがあり、
人間関係や仕事上のトラブル、命の危機があり、
調査や情勢の立て直しがあって、一気にクライマックスへ入っていきます。

このようなベタなパターンを身につけると、物語がぐっと作りやすくなるのです。

【執筆者紹介】榎本海月(えのもと・くらげ)
オタク系ライター、ライトノベル編集者。榎本事務所に所属して幅広く企画、編集、執筆活動に従事。共著として『絶対誰も読まないと思う小説を書いている人はネットノベルの世界で勇者になれる。』などがある。2019年にも新刊『この一冊がプロへの道を開く!エンタメ小説の書き方』『物語づくりのための黄金パターン117』『物語づくりのための黄金パターン117 キャラクター編』(ES BOOKS)、『異世界ファンタジーの創作事典』『異中世世界創作事典』『神話と伝説の創作事典』(秀和システム)を刊行。PN暁知明として時代小説『隠密代官』(だいわ文庫)執筆。講師としては愛知県名古屋市の専門学校日本マンガ芸術学園にて講義を行い、さらにオープン参加形式で【土曜セミナー】毎月開催中。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました