短編はキビキビと!

ストーリー

短編を書きたい、という人はいますか?
もしいるなら、私からのアドバイスは
「長編はダラダラ書けますが、短編はキビキビ書く必要があります」ということです。

どういう意味でしょうか。
長編は全体のボリュームがありますから、ちょっとテンポが悪かったり、
テーマと結びつかない描写やシーンが有っても、あまり気になりません。
書きたいことを書ききってから次の展開へ……でもなんとかなるのです。

しかし短編ではそのような要素は非常に気になります。
また、書きたいことを書いているうちに紙幅が突きてしまって、よくわからない要素だけが詰まった作品になりがちです。
だからテンポよく書いていかなければいけません。

そのためにはどうしたらいいのか。
一つ一つのシーンを短くし、余計なことは書かないように心がけましょう。
長編よりも意識してどんでん返し、起承転結の「転」を入れていきましょう。

そのうえで、「最初の事件が解決したと思ったらそこからつながる(予想外の展開で)次の事件が――」
くらいの構成にすると、ちょうどよくなるようです。
意識してみてください。

【執筆者紹介】榎本海月(えのもと・くらげ)
オタク系ライター、ライトノベル編集者。榎本事務所に所属して幅広く企画、編集、執筆活動に従事。共著として『絶対誰も読まないと思う小説を書いている人はネットノベルの世界で勇者になれる。』などがある。2019年にも新刊『この一冊がプロへの道を開く!エンタメ小説の書き方』『物語づくりのための黄金パターン117』『物語づくりのための黄金パターン117 キャラクター編』(ES BOOKS)、『異世界ファンタジーの創作事典』『異中世世界創作事典』『神話と伝説の創作事典』(秀和システム)を刊行。PN暁知明として時代小説『隠密代官』(だいわ文庫)執筆。講師としては愛知県名古屋市の専門学校日本マンガ芸術学園にて講義を行い、さらにオープン参加形式で【土曜セミナー】毎月開催中。

タイトルとURLをコピーしました