完璧主義もほどほどに

ワンポイント

榎本事務所のメンバーは様々な専門学校やカルチャースクールなどで多くの作家志望者の皆さんと接してきました。
そこで感じてきたこととして、「悪い意味の完璧主義を持ってしまっている人が多い」があります。

物事を完璧にしたい、と思う完璧主義には良い側面と、悪い側面があります。
良い側面が出たならば、細かいところまでしっかり作り込み、
書き込んだ作品を作りあげることへつながるでしょう。

しかし、悪い側面が出ると困ったことになります。
プロットを完璧に作り上げようとしてなかなか実作に入らなかったり、
一度書いた文章が気に入らなくて何度も何度も書き直したり。
結果、同じ時期に書き出した仲間がとっくに完成しても自分はなかなか進まない……ということがよくあるのです。

これは何よりも創作力が上がらないという一点においてよくありません。
一つの作品を完結させてこそ達成感があり、反省も生まれます。
完璧を求めて作品をこねくり回してもいいことはないのです。

完璧であろうという気持ちはもちろん創作の役に立ちます。
終盤、飽きたり心が折れそうになった時に。
推敲や校正において雑に見直して済ませたくなった時に。
完璧を求めればこそ、良い作品を作り出すこともできます。
だからまずは無理に完璧を見出そうとせず、勢いに任せてどんどん書いてしまいましょう。

【執筆者紹介】榎本海月(えのもと・くらげ)
オタク系ライター、ライトノベル編集者。榎本事務所に所属して幅広く企画、編集、執筆活動に従事。共著として『絶対誰も読まないと思う小説を書いている人はネットノベルの世界で勇者になれる。』などがある。2019年にも新刊『この一冊がプロへの道を開く!エンタメ小説の書き方』『物語づくりのための黄金パターン117』『物語づくりのための黄金パターン117 キャラクター編』(ES BOOKS)、『異世界ファンタジーの創作事典』『異中世世界創作事典』『神話と伝説の創作事典』(秀和システム)を刊行。PN暁知明として時代小説『隠密代官』(だいわ文庫)執筆。講師としては愛知県名古屋市の専門学校日本マンガ芸術学園にて講義を行い、さらにオープン参加形式で【土曜セミナー】毎月開催中。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました